田中角栄

田中 角榮(たなか かくえい、1918年5月4日 - 1993年12月16日)は、日本の政治家。
元衆議院議員(16期)、内閣総理大臣(第64代、第65代)。

新潟県刈羽郡二田村大字坂田(現・柏崎市)に、父・田中角次、母・フメの二男として生まれる。田中家は農家だが、父・角次は牛馬商、祖父・捨吉は農業の傍ら宮大工を業としていた。

角栄の幼少年時代には家産が傾き極貧下の生活を余儀なくされる。

幼いころ吃音があり、浪花節を練習して矯正した。

1933年二田高等小学校卒業。

田中自身は、「中央工学校卒」と明記していたが、世間は勝手に高等小学校卒だと誤解し続けた。

低学歴で首相まで上り詰めたことから「今太閤」、官僚を上回る知識量と実行力で群を抜いたことから「コンピュータ付きブルドーザー」と呼称された。

首相在任中には、中華人民共和国との間の日中国交正常化や日中記者交換協定、金大中事件、第一次オイルショックなどの政治課題に対応。

日本列島改造論で一世を風靡したが、後にその政策が狂乱物価を招いたことや、金脈問題への批判によって首相を辞職。

さらにアメリカの航空機製造大手のロッキード社による全日空への航空機売込みに絡む収賄事件である「ロッキード事件」で逮捕され自民党を離党した。

首相退任後も政局に対する発言力を保ち続けた。

特に大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘の首相就任には田中の支持が不可欠であり、「闇将軍」とも呼称されたが、選挙における自民党の低迷と新潟3区での田中自身の大量得票という二律背反した結果も招いた。

しかし、1985年に病床に就くとその力は急速に失われた。

道路法の全面改正や、道路・港湾・空港などの整備を行う各々の特別会計法や日本列島改造論によるグリーンピアなど、衆議院議員として100本を超える議員立法を成立させ、戦後の日本の社会基盤整備に後年功罪言われる大きな影響を残した。

また、社会基盤整備を直接担当する建設省や運輸省、大臣として着任していた通産省や郵政省などに強い影響力を持ち、政治家による官僚統制の象徴となった。


1976年 - ロッキード事件発生。

アメリカ上院の外交委員会で、ロッキード社による航空機売り込みの国際的リベート疑惑が浮上。7月27日に、同社による全日本空輸に対する売りこみ、いわゆるロッキード事件における5億円の受託収賄罪と外国為替・外国貿易管理法違反の容疑により、秘書の榎本敏夫などと共に逮捕される。逮捕時に自民党を離党し、以後無所属に。8月に保釈。

1976年12月 - 第34回総選挙。

トップ当選するが、自民党は大敗し、三木武夫内閣は総辞職、福田赳夫内閣発足。

1978年12月 - 第1次大平正芳内閣発足。田中が強く支持。

1979年10月 - 第35回総選挙。

トップ当選するが、自民党は大敗し、その後の「40日抗争」で田中は大平正芳を支持。党分裂の危機へ。

1980年6月 - 第36回総選挙。

参議院とのダブル選挙。トップ当選し、自民党も圧勝。その後の鈴木善幸内閣発足を支持。この時、同じ新潟3区から、元越山会青年部長の桜井新が自民党公認で初当選。

1982年11月 - 上越新幹線暫定開業(大宮 - 新潟)。

1982年11月 - 第1次中曽根康弘内閣発足。

田中の全面的な支持を受け、「田中曽根内閣」と揶揄される。

1983年10月 - ロッキード事件の一審判決。

東京地方裁判所から懲役4年、追徴金5億円の実刑判決を受け、即日控訴(「不退転の決意」)。
1983年12月 - 第37回総選挙。

11月28日に衆議院解散(田中判決解散)。22万票の圧倒的支持を集めて当選。田中批判を唱えて新潟3区から立候補した前参議院議員の野坂昭如は落選。直紀も福島3区から初当選。ただし、自民党は大敗し、中曽根康弘総裁が「いわゆる田中氏の政治的影響を一切排除する」声明を発表。

1984年10月 - 自民党総裁選。

田中派(木曜クラブ)会長の二階堂進副総裁を擁立する構想が起こり、田中は中曽根再選を支持。12月、田中派内の中堅・若手により、竹下登を中心とした「創政会」の設立準備が進められる

1985年2月7日 - 創政会が発足。

1985年2月27日 - 脳梗塞で倒れ入院。

言語障害や行動障害が残り、政治活動は不可能に。

1985年6月 - 田中事務所が閉鎖。

1985年9月 - ロッキード事件控訴審開始、田中は欠席。

1986年7月 - 第38回総選挙。

トップ当選。田中は選挙運動が全く行えず、越山会などの支持者のみが活動。自民党は圧勝。

1987年7月 - ロッキード事件の二審判決。

東京高等裁判所は一審判決を支持し、田中の控訴を棄却。田中側は即日上告。

1989年10月 - 直紀が次期総選挙への田中角栄の不出馬を発表。

1990年1月24日 - 衆議院解散により政界を引退。

衆議院議員勤続43年、当選16回。各地の越山会も解散。

1990年2月 - 第39回総選挙。

元越山会員で前小千谷市長の星野行男が自民党公認で当選。

1993年7月 - 第40回総選挙。

眞紀子が自らの選挙区だった新潟3区から無所属で出馬し、初当選。角栄自らも病をおして新潟入りし、眞紀子の応援をする。後に自民党へ入党。選挙で過半数を下回った自民党は下野し、元田中派所属の細川護熙による非自民8党連立内閣が発足。

1993年12月16日 - 75歳で死去。

戒名は政覚院殿越山徳栄大居士。
墓所は新潟県柏崎市(旧西山町)田中邸内。
ロッキード事件は上告審の審理途中で公訴棄却となる。