ロッキード事件の証人喚問

ロッキード事件の証人喚問は、チャーチ委員会での証言内容を受けて、
検察などの本格的捜査の開始に先立つ1976年2月16日から数回に渡って行われた。

衆議院予算委員会には、事件関係者として小佐野賢治や
全日空の若狭社長や渡辺副社長、大庭元社長、
檜山廣丸紅会長や大久保利春専務、
ロッキード社の鬼俊良日本支社支配人などが証人喚問され
(なお「病床」にあった児玉誉士夫は病院で臨床取調べを受けた)、
この模様は全国にテレビ中継された。