ロッキード事件


ロッキード事件とは、アメリカの航空機製造大手のロッキード社による、主に同社の旅客機の受注をめぐって1976年2月に明るみに出た世界的な大規模汚職事件。

衆院予算委で、小佐野賢治・国際興業社主が、ロッキード社幹部との関係について、「記憶にございません」「知りません」を連発し、「記憶にございません」が流行語となる。

「総理の犯罪」の異名を持つこの事件は、国内航空大手の全日空の新ワイドボディ旅客機導入選定に絡み、自由民主党衆議院議員で(当時)前内閣総理大臣、「今太閤」、「コンピューター付ブルドーザー」と評された田中角栄が、1976年7月27日に受託収賄と外国為替・外国貿易管理法違反の疑いで逮捕されたという前代未聞の事件である。

政治家では田中前首相の他にも佐藤孝行運輸政務次官(逮捕当時)や橋本登美三郎元運輸大臣が逮捕された他、全日空の若狭得治社長やロッキードの販売代理店の丸紅の役員と社員、行動派右翼の大物と呼ばれ、CIAと深い関係にあった児玉誉士夫や、児玉の友人で「政商」と呼ばれた小佐野賢治が逮捕され、また、関係者の中から多数の不審死者を出すなど、第二次世界大戦後の疑獄事件を代表する大事件となった。

また、この事件が発覚したのは1976年2月にアメリカ合衆国上院で行われた上院多国籍企業小委員会(チャーチ委員会)における公聴会であったこともあり、アメリカとの間の外交問題にも発展した。

この事件の発覚に先立ち田中は月刊誌「文藝春秋」1974年11月号に掲載された、立花隆による「田中角栄研究~その金脈と人脈」と、児玉隆也による「淋しき越山会の女王―もう一つの田中角栄論」でその金権体質を指摘され、1974年11月26日に自民党総裁辞任表明に追い込まれた。同年12月9日に首相を辞職した。

なお、田中の辞職を受けて行われた党内実力者の話し合いにより、椎名悦三郎副総裁の指名裁定で、「クリーン三木」と呼ばれる三木武夫が首相に就任した。椎名は田中前首相の将来の復活を鑑みて、本格政権になると思われた有力候補の福田赳夫や大平正芳を回避し、「暫定政権」の含みを持たせて少数派閥の三木を選んだとされ、実際田中前首相はその後も自民党内で大きな影響力を持ち続けていた。

チャーチ委員会での証言内容を受けて、検察などの本格的捜査の開始に先立つ1976年2月16日から数回に渡って行われた衆議院予算委員会には、事件関係者として小佐野賢治や全日空の若狭社長や渡辺副社長、大庭元社長、檜山廣丸紅会長や大久保利春専務、ロッキード社の鬼俊良日本支社支配人などが証人喚問され(なお「病床」にあった児玉誉士夫は病院で臨床取調べを受けた)、この模様は全国にテレビ中継された。


最重要参考人と目される小佐野賢治が喚問を受けた際には、偽証や証言拒否を避けつつ質問に対する本質的解答をしない「記憶にございません」という発言を連発し、当時の流行語となった他、これ以降他の証人も同等の言葉を多用するようになった。また、賄賂の受領時に領収書に書かれた、金銭を意味する隠語である「ピーナツ」や「ピーシズ」も同じく流行語となった。