檜山廣

檜山 廣(ひやま ひろ、1909年12月18日 - 2000年12月25日)は日本の実業家。
丸紅中興の祖。
ロッキード事件の中心的人物の1人である。

茨城県生まれ。旧制水戸中学校を経て、1932年東京商科大学(現一橋大学)卒。

1932年大同貿易入社、1952年丸紅飯田(現丸紅)取締役、同常務、専務、副社長を経て、1964年同社長、1975年丸紅会長、1976年同取締役相談役。

ロッキード事件に関する贈賄罪のため1995年最高裁判所で実刑確定も、高齢のため執行停止となり、収監されないまま2000年死去。

この間も1985年から1999年まで丸紅名誉顧問を務めた。