有名な「記憶にない」証言

ロッキード事件
ロッキード事件とは、アメリカの航空機製造大手のロッキード社による、主に同社の旅客機の受注をめぐって1976年2月に明るみに出た世界的な大規模汚職事件。 衆院予算委で、小佐野賢治・国際興業社主が、ロッキード社幹部との関係について、「記憶にございません」「知りません」を連発し、「記憶にございません」が流行語となる。

ダグラス・グラマン事件
ダグラス・グラマン事件とは、1978年2月に明るみに出た日米間の航空機(戦闘機)購入に絡んだ汚職事件。 1979年5月、参院特別委で、松野頼三・元防衛庁長官が、日商岩井からの5億円受領を「金の性格は政治献金。いくらもらったのかも正確に覚えていない」と証言。 戦闘機売り込みの工作資金との疑惑を否定した。

東京佐川急便事件
東京佐川急便事件は、日本皇民党の「ほめ殺し事件」に端を発する汚職事件。 1992年10月、自由民主党経世会会長の金丸信が佐川急便側から5億円のヤミ献金を受領したとして衆議院議員辞職に追い込まれた。 1993年2月、衆院予算委で竹下登・元首相は、日本皇民党の「ほめ殺し」対策を話し合ったとされる会談について「渡辺(広康・東京佐川急便)元社長のワーディング(言葉遣い)は覚えていない」と証言。具体的なやりとりは明かさなかった。

日歯連闇献金事件
日歯連闇献金事件とは、2004年7月に発覚した旧橋本派の1億円ヤミ献金事件。橋本と青木幹雄・野中広務が日歯連会長理事(当時)と料亭で会食した際、1億円の小切手を受領したが、この献金について収支報告書に記載しなかったというもの。 2005年10月、東京地裁の公判で証人に立った橋本元首相は、連盟側からの1億円受領について、「記憶にございませんが、ほかの方々がそう言っているのであれば、そういう事実があったかもしれないと今考えます」と証言。